・こだわりの家づくり

高気密高断熱住宅

 私たちのつくる外断熱の家は、高気密・高断熱の住宅です。基礎から屋根までをすっぽりと覆った完全外張り断熱工法で隙間風など空気の出入りを少なくし、気密性・断熱性を高めて冷暖房効率を大幅にアップしています。
もちろん、湿気のコントロールも万全です。
壁と断熱材の間に外気の通り道を作って内部結露を防止したり、計画換気で新鮮な空気を維持したり、健康で快適な暮らしのための様々な工夫をしています。

 
 

環境の変化から人を守る家づくり

 一般的な日本の家屋では、居間などの居室や人を迎える玄関は南寄り、トイレ・浴室は昔から人目を避ける傾向が強く、ほとんどが裏手の北寄りに位置しているのではないでしょうか。このため冬になると、日当たりの悪いトイレ・浴室が隙間風の影響もあって特に冷え込み、他の部屋との温度差が極端に広がりやすくなります。
 つまり、この家の中の温度差を少なくする事が、健康的な住宅環境作りに欠かせない重要なポイントとなります。
高齢者や高血圧患者の突然死についてはすでに「ヒートショック」という呼び方が定着しています。大きな温度差によって急激に血圧が変動し、それが引き金になって循環器系障害の発作で死亡するケースが多いからです。
 ヒートショック対策としては建物内の温度差を極力小さく保つことが最も重要で、家全体の温度管理を徹底する事が必要です。

 私たちのつくる外断熱の家 は、高気密・高断熱住宅のメリットを最大限に活かし、建物内の温度差をほとんどなくする事が出来ます。
 

このページの先頭へ

池尻殖産 大松建設 神名工務店 山弘